フォト
無料ブログはココログ

2006年5月新婚旅行

  • 帰宅
    だいぶ遅れてしまったけれど、ハワイイ・カウアイ島へ新婚旅行。

アクセス調査

  • google analytics test
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 過剰な謝罪アナウンスは違和感あり | トップページ | 僕の家にテレビがない理由 »

2012年7月21日 (土)

アカゲラは二度死ぬ

友人から教えてもらった記事。面白いので、許可をもらってそのまま転載します。

BTOのブログにこんな記事がありました。
新鮮なアカゲラの死体がアシュフォード発ロンドン行きの列車内で発見された。発見時には車両は途上のメイドストンにあった。このアカゲラはもともとはアシュフォードに近いケントで標識されたもので、どこかで窓から入り込んで運悪く死んでしまったらしい。このアカゲラは死体の発見者によってオンラインでEuringに報告された(欧州では一般向けにリング報告のためのフォームが公開されている)。
ところがその数週間後、同じアカゲラが再びロンドン近郊のケンジントンにて死体回収されたとEuringに報告が入った。すでに死体回収されたはずのアカゲラがさらに55km移動して再発見されたことになり、担当者は番号の読み間違いではないか?と第二発見者に連絡したらしい。

詳しく調査したところ、このゾンビアカゲラの謎は次のような経過だったことが明らかになった。まず第一発見者はメイドストンでアカゲラの死体を発見し、BTO配布の足環に「ロンドンの博物館に知らせて下さい」と刻印されているのを見て、実際にロンドンまで持っていった。そして博物館で報告を行ったあと、ケンジントンの公園にアカゲラの死体を捨てた(!)。そして約1ヶ月近く経ったあとですでに土に還りかけている状態で第二発見者に拾われたのだった。

http://btoringing.blogspot.com/2012/07/woodpecker-wanderings.html

« 過剰な謝罪アナウンスは違和感あり | トップページ | 僕の家にテレビがない理由 »

4.民衆のための科学について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アカゲラは二度死ぬ:

« 過剰な謝罪アナウンスは違和感あり | トップページ | 僕の家にテレビがない理由 »