フォト
無料ブログはココログ

2006年5月新婚旅行

  • 帰宅
    だいぶ遅れてしまったけれど、ハワイイ・カウアイ島へ新婚旅行。

アクセス調査

  • google analytics test

« 今年3回目の富士登山 | トップページ | モランボンという会社 »

2015年8月25日 (火)

まともに足止めを喰らう

まともに足止めを喰らう
電車通勤をしていれば、だれでも事故なんかで立ち往生するということはある。そんなときどんな風にそこから抜け出せるかが生き残りの実力ということになるのだけれども、僕はこういうことに関しては割と勘が良い方でうまくすり抜けてしまうことが多い。

しかし、今日は失敗だった。完敗といってもいい。

東横線の日吉駅から都内に向かって帰るところ、信号故障で電車は止まっているという。普段なら並行して走る目黒線(こちらは事故が少ない)に乗り、三田線経由で帰れば何でもないのだが、今日は目黒線も止まっている。

次に考えるのが、日吉から横浜市営地下鉄であざみ野まで行って田園都市線で帰るという方法。ところが、田園都市線も人身事故でものすごく混乱しているらしい。

そんなときの僕はたいてい、焦っても仕方ないからゆっくり食事でもして落ち着いたころまた乗ろう、と考える。そこで改札に行って入場記録を消してもらうために並んでいると、僕の前の女性に駅員が「1分後に目黒線が動きますよ」と話した。

「えっ、それならすぐに帰れるぞ。」

そう思って電車に飛び乗ったのが失敗だった。

乗った電車は多摩川駅まできて止まり、しばらく停車するという。この場合「しばらく」とは「いつまでかわかりません」という意味だ。まあいいさ、じっくり本を読む時間ができたと思うことにしよう。ところが1時間ほど待たされたあげく、この電車は回送になるので降りろと放送があってホームに立たされることになった。

多摩川線で蒲田に抜けるのもありだが、なんと多摩川線も止まっていて身動きがとれなくなってしまった。やれやれ。

停車の間、読みかけの本も読みきってしまった。やれやれ。

さて、どうするか。

武蔵小杉で降りていればJRで楽々と帰ることもできたと思うと自分の判断力に腹が立って来る。下り方面も止まっているから今更、武蔵小杉や日吉まで戻ることもできないし。

バスに乗り換えて最寄りのJR駅に向かうのも悪くないが、東横線は試運転を初めているというからさすがにそろそろ運転再開なのではないか、とも思う。

下手に選択肢が多いと判断が鈍っていけない。参ったな。

あなたなら、この先どうしますか?

« 今年3回目の富士登山 | トップページ | モランボンという会社 »

1.自分のこと(生き方)」カテゴリの記事

コメント

Pinkさんは電車に詳しいから良い方法を知っていそうですね。コメントありがとうございます。

京急から都営浅草線へ、乗っているとき、事故等々で遅れているも、動いているからと、乗り続けてみたら、泉岳寺で止まってしまった時……に似てますね

多摩川の方がバスはありそうですが……仕事疲れているのに、お疲れさまです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170867/62155656

この記事へのトラックバック一覧です: まともに足止めを喰らう:

« 今年3回目の富士登山 | トップページ | モランボンという会社 »