フォト
無料ブログはココログ

2006年5月新婚旅行

  • 帰宅
    だいぶ遅れてしまったけれど、ハワイイ・カウアイ島へ新婚旅行。

アクセス調査

  • google analytics test

« 都内夜景 | トップページ | 昼休みは思索の時間 »

2015年12月16日 (水)

民族の優位性についての予想

日本人がなんとなく感じているアジア地域に対する優越感というものがあるように感じる(根拠はともかくとして)。そしてヨーロッパに対する劣等感もある気がする。

一方で、ヨーロッパから見てもそれはあって、ヨーロッパの人々は根っこの部分では日本に対する優越感があるんではないか。

「我々の民族は、○○族より優秀だ」とか、「○○族などいない方が良い」といった民族の優位性に関する議論は、ほとんど意味がないことは明らかなのに、なぜこうした感覚はいつの時代にもあるのだろう。

優秀なのではなく多様性があり、適応度が高い属種が繁栄しているように見えるだけだ。環境が変われば優位性の順位など簡単に変わってしまう。違いがあって当たり前で、多様性があることはそれ自体に価値がある。

« 都内夜景 | トップページ | 昼休みは思索の時間 »

1.自分のこと(生き方)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170867/62876082

この記事へのトラックバック一覧です: 民族の優位性についての予想:

« 都内夜景 | トップページ | 昼休みは思索の時間 »