フォト
無料ブログはココログ

2006年5月新婚旅行

  • 帰宅
    だいぶ遅れてしまったけれど、ハワイイ・カウアイ島へ新婚旅行。

アクセス調査

  • google analytics test

« なぜ、僕らには『デッサン力』が必要なのか | トップページ | ブルーデイジーが満開 »

2016年4月14日 (木)

女子高生の前髪とソメイヨシノの共通点

エレベーターに乗り、文字通り地面に掘った穴を通り抜けて、地下鉄の改札口を抜けると周囲はすっかり春の陽気だった。

早渕川は特別に大きな川ではないけれども結構な数の鯉が泳いでいる。そいつらは、いつも橋の欄干から気まぐれに投げ込まれる餌をあてにして物欲しげな顔つきでぼんやり泳いでいるのだけれども、その鯉たちの様子が今日はちょっと違う。
つまり大きなお腹をしたメス鯉の後を、必死になって数匹のオス鯉が追いかけているのがあちこちで見えるのだ。鯉のオス・メスなんて分かるのかという人もいるかもしれない。実は僕は錦鯉の鑑賞が趣味の一つで、ちょっと慣れれば鯉の雌雄の識別をするのはそんなに難しいことではない。ともかくあちらこちらの水面がバシャバシャと賑やかに小波を立てている。産卵をしているのもいる。

畑の納屋の方ではネコたちの求愛の声が相変わらず続いている。こちらは3月くらいからの継続で、にゃあにゃあとうるさい。普段は見かけないネコもいるからモテる奴らはあちらこちらと忙しいのかもしれない。

そういえば、さっきまで乗っていた電車の中では、高校に入ったばかりなのだろうか、真新しい制服でやたらに前髪を気にしながら電車にのっている女子高生を何人かいて、妙な色っぽさにこちらの方が目のやり場にこまるような羽目になった。

ソメイヨシノは終わったとは言え、周囲を見渡せば色々な種類の花が咲き誇っている。植物の花だって、要するに繁殖期ということだ。

春はつくづずく繁殖期だなぁと思う。

« なぜ、僕らには『デッサン力』が必要なのか | トップページ | ブルーデイジーが満開 »

1.自分のこと(生き方)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170867/63482703

この記事へのトラックバック一覧です: 女子高生の前髪とソメイヨシノの共通点:

« なぜ、僕らには『デッサン力』が必要なのか | トップページ | ブルーデイジーが満開 »