フォト
無料ブログはココログ

2006年5月新婚旅行

  • 帰宅
    だいぶ遅れてしまったけれど、ハワイイ・カウアイ島へ新婚旅行。

アクセス調査

  • google analytics test

« 割り込み | トップページ | 我慢の成果? »

2016年6月28日 (火)

気持ちのざわつきをコントロールしようと試みる

気持ちのざわつきをコントロール
水道橋駅でいつものように回数券を買おうと思ったら、自動券売機では買えなくなっていた(ボタンがない)。そこで、駅員に聞くと、「指定席券売機で購入してください」とのこと。

指定席券売機は2台あって一台は調整中。もう一台はおじさんが使っているのだが、このおじさんの所作が非常に遅い。朝の通勤時で、皆、1秒でも早く終わらせてほしいのになかなか終わらない。やっと買い終わったと思ったら、もう一枚買い始めた。周囲にイライラの空気が立ち込める。天を仰いで購入を諦めるスーツ姿の人もいた。

僕もすでに電車を3本遅らせている。気持ちがざわついているのがわかる。しかも、週末にミツバチに顔を刺されて、お多福みたいに腫れ上がっているからもともと機嫌が悪い。正に「泣きっ面に蜂」といいたいところだが、本当はその反対で「蜂顔に泣きごと」という感じ。

やっと回ってきた僕の番。早速回数券の購入をする。いつものことだから手慣れたものだが、なんとなく感じていた嫌な予感は的中してしまった。

券売機からは定期券サイズの回数券が11枚。いつもの切符サイズの何倍もある大きな回数券を手にして事態が飲み込めない。

あいにくしばらく前に名刺入れをなくしてしまって、以来、パスケースに名刺も入れてあるので、ただでさえ膨らんでいるところに大きな回数券を入れたものだから、もうパンパンに膨れ上がってしまった。

乗り換えのときの電車は目の前で行ってしまうし、車内では太ったおばさんに足を踏まれもした。まったく散々な朝である。ひとつひとつの事は大したことはないが、連続して起こると誰だってガックリしてしまうものだ。

普段の僕はこういうときに、自暴自棄になって反って傷口を大きくしたり、不用意な行動で回りの人を傷つけてしまうことがあった。それが僕の良くないところだと分かっている。

しかし、今日の僕は少し違う。少しだけ心に余裕がある。困難な状況のなかで、嵐が過ぎ去るのをじっと耐えながら、不遇を楽しんでさえいる、そんな自分に気付いて嬉しくなった。

昔、友人がこんなことを言っていた。
「人間の価値は、調子が悪いときに分かる」と。

今朝の僕にはその意味がよく分かる。

« 割り込み | トップページ | 我慢の成果? »

1.自分のこと(生き方)」カテゴリの記事

コメント

噂では、あらゆる回数券をお持ちらしいじゃないですか。大きな回数券じゃ大変じゃないんですか?

私は、無くさないように昔からあえて大きい回数券を買っていました❗

無くさないし良いですよ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170867/63838952

この記事へのトラックバック一覧です: 気持ちのざわつきをコントロールしようと試みる:

« 割り込み | トップページ | 我慢の成果? »