フォト
無料ブログはココログ

2006年5月新婚旅行

  • 帰宅
    だいぶ遅れてしまったけれど、ハワイイ・カウアイ島へ新婚旅行。

アクセス調査

  • google analytics test

« 富士山で働く人びと 2016 | トップページ | 皇居一般参観と中国人団体 »

2016年7月15日 (金)

富士山で働く人びと 2015

Postoffice

ブルドーザでの富士登山。去年(2015年)は山頂郵便局の職員と一緒だった(→その時の記事)。話を聞いてみない手はない。

富士山山頂郵便局は、富士山山頂の浅間大社の社務所内に夏の間だけ設置されている郵便局で、山頂にしかないスタンプ印(消印)を押したり、オリジナルグッズの販売をしたりしている。ちなみに、ATMはなく、金融の扱いもない。

インターネット上の情報によれば職員は一週間交替とのことだが、私がお会いしてお話しをお聞きした方によると、だいたい2~3週間の交代勤務とのことだった。若手の職員を中心に一夏に1回の“お勤め”という感じだそうだ。日本郵便株式会社の公式な説明によると営業時間は6:00~14:00となっている。しかしこれも実態はちがっていて、利用者のほとんどがご来光(知らない人はいないと思うが、山頂で迎える日の出のこと)の前後に利用するので、実際には午前4時くらいから開所して、午後の2時くらいまで営業しているとのこと。

「営業が終わったあとはどうしているのですか」の質問には、「自由時間です。遊びに行くところもないですから、本を読んだりテレビを見たりして過ごします。気持ちの良い穏やかな陽気の時には散歩に出かけることもありますよ。ご来光は仕事をしている時間なのでほとんど見る機会はありません。」

「ここでの勤務はどうですか。平地での勤務との違いは?」と聞けば、「ここでの勤務の方が楽かもしれないですね、消印押すのがほとんどで、業務内容が少ないですから。それに割とリラックスした格好で、サンダルなんか履いて仕事をするのでやりやすいです。6時からの営業と言うことになっているんですが、日の出が午前5時ころですから、お客さんの利用のニーズもその前後がピークです。ですからそれに合わせて営業時間を早くしています。午前8時を過ぎるとお客さんはほとんどありません。」

「食事はどうしているんですか」と聞けば、「食料は全部運んだものを使います。ここで買うことはありません。最初は生野菜もありますが、だんだん減ってきて、最後はレトルトとかが多いかな。自炊することも可能ですけれども、私はあまりやらないで、簡単に済ませています。お酒ですか?そうですね、私はお酒大好きなんですけれども、山頂にいるときはほとんど飲みません。以前、一回飲んでひどい頭痛になってしまったので。倉庫にいくらでもあるにはあるんですけれどもね、手を出すことはほとんど無いです。」

「富士山山頂での暮らしで大変な事は何ですか?」には、「あまり大変だと感じることはないかな。過酷な環境なので、天気が悪いときもありますが、もちろん外には出ないし、そういうときにはやることもありません。
あ、そういえば、去年ですけれどもこんなことがありました。その夜は、強い風雨で、私は部屋で本を読んでいたんです。午後9時くらいだったかな、電気が一度バシッと音を立てて消えまして、その直後に外で何かがガシャンって音を立てて壊れる音がしました。おやおや、蝋燭でも探すか、と思っていたら電気が復活しました。外で何が壊れたのかな、面倒な事になっていないと良いな、と思いましたが、その日は危ないのでそのまま寝ました。
でも翌朝見ると何も壊れていないんです。富士山では頑丈なものしか残らないのかななんて思いました。
あとは、家族と過ごせないのがちょっとね。時々さみしくなります。携帯電話がつながるから、いつでも話は出来るんだけども。家でもそれなりになんでも家事手伝いをしているつもりなんですけど、妻がいなくなると、そのありがたみがよく分かります。だから山を下りると妙に仲良くなる感じで、ありがとうって感謝の気持ちが自然に出てきますよね。なんだが恥ずかしいな、こんな話。」

富士山でもいろんな人が働いている。

写真は(http://fujisan.rash.jp/2015/07/150711-5.html

« 富士山で働く人びと 2016 | トップページ | 皇居一般参観と中国人団体 »

1.自分のこと(生き方)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170867/63918367

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山で働く人びと 2015:

« 富士山で働く人びと 2016 | トップページ | 皇居一般参観と中国人団体 »