フォト
無料ブログはココログ

2006年5月新婚旅行

  • 帰宅
    だいぶ遅れてしまったけれど、ハワイイ・カウアイ島へ新婚旅行。

アクセス調査

  • google analytics test

« 美しいが、残念な女 | トップページ | 豪雨 »

2016年8月22日 (月)

よくあることさ

よくあることさ
台風9号が関東地方に上陸するようで、今朝から強い雨が降っている。雨といっても、体が凍えるような冷たい雨ではなく、ぬるま湯のような温かい雨。熱帯地方でよく経験するスコールの様な感じだ。もしも今、僕に十分な時間があって、ここが人気の少ない森や海辺だったならば、薄着になって全身にこの雨を感じたい、そんな雨だ。

以前は雨の日にレインコートを着るのが好きではなかった。それがここのところあまり気にならなくなった。むしろ傘をさすよりもレインコートを着ている方が良い。それがなぜだかは分からないが、おそらく年齢的な事だと思う。

レインコートを着て、長靴を履いて、ザブザブと水たまりの中でも何でも気にしないで進んでいくのは実に気持ちが良い。何より手が空いていているのが良いし、風にも強い。橋の欄干に腕を乗せて流れる川を眺めたり、雑木林の中でぼたぼた落ちてくる雫を体で受け止めるのは、至福の時といっていい。急に山に行きたくなった。何かをきっかけに、無性に山に行きたくなる、僕にはよくあることである。

大雨で思い出した不思議な体験がある。もう30年近くも前のことになるが、当時僕は高校生で、奥多摩の山を一人で歩いた。その日の天気が不安定なのは知っていたが、危険な場所はないし、何度も歩いたことのある山道で、多少雨が降っても心配あるまいと出発した。標高1500m程の尾根道を歩いていると、徐々に雨雲が近づいてくるのが分かった。雷鳴が遠くから、だんだんと近づいてくる。山ではよくあることだ。

尾根の上は被雷しやすいから、近くにある避難小屋で雨をやり過ごそうと入る。避難小屋には誰もいない。というか、今朝、山に入ってから誰一人として会っていない。ずっと一人だ。部屋の中は、すえたたき火の臭いとカビの臭いが充満しているが、一時的な避難なので別に文句はない。山ではよくあることだ。

やがて堰を切ったように雨が降り出す。山小屋の屋根を激しく打ち付ける雨粒で、それ以外の音はよく聞こえない。僕は荷物の中からコンロを出して湯を沸かし、紅茶を入れる。それから地図を見てルートの変更について考えていた。予定の変更は、山ではよくあることだ。

その時だ。バタンと乱暴な音を立てて山小屋の扉が開いた。僕はもちろん驚く。驚きはしたが、こういうときは、ぎぎぃっとゆっくりと開くよりも、薄気味悪くなくて良いかもしれない。

入ってきたのは親子連れだった。30歳くらいの母親と小学1年生くらいの男の子。避難小屋に僕がいたのに驚いた様子も見せず、まるで僕がそこにいるのを知っていたかのように自然に、「こんにちは。ひどい雨ですね。ちょっと雨宿りさせてください」という。別に僕の家じゃないから、どうぞご自由になのだが、その口調があまりにも自然なので、「ああ、どうぞどうぞ。ゆっくり休んでいってください」なんてあまり気の利かないことを口走ってしまった。

「どこから登ってきたんですか」と聞くと、「白石山から来ました」という。僕は頭の中がくらっとした。白石山?ここから20kmくらいあるんじゃないか?しかも白石山は通過点や起点にするような山ではない。雲取山からさらにずっと奥に行った所にある、めったに人が行かないような山だ。重装備でもない女性が、男の子を連れて歩いてくるにはあまりに不自然だ。僕は思わず聞き返して、「白丸駅からじゃなくてですか?」というと、「そう、白丸駅。」と彼女はいう。確かに彼女は「白石山」といった様に聞こえたのだが、あれは僕の聞き間違いだったのだろうか。聞き間違いなら、よくあることだ。

その後、3人で何を話したかはあまり覚えていない。僕の入れた甘い紅茶を3人で飲んで20分くらいしたら雨が小降りになって、彼らは「じゃあ、お先に」と小屋を出て行った。僕もレインコートをもう一度、着直して出発の準備をした。彼らと同じルートで下山ならば、高校生の僕のペースはかなり速いから追いつくはずだが、結局、親子を見かけることはなかった。ルートはたくさんあるわけで、それ自体は珍しいことではない。よくあることだ。ところが、日原鍾乳洞の前を通るときに見かけた看板が気になった。

「注意!親子連れのクマが出没しています。」

無論、僕はさっきの親子のことを思い出す。ツキノワグマなら白石山から来てもおかしくない、と。こういう偶然だって、よくあることさ。

« 美しいが、残念な女 | トップページ | 豪雨 »

1.自分のこと(生き方)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170867/64096985

この記事へのトラックバック一覧です: よくあることさ:

« 美しいが、残念な女 | トップページ | 豪雨 »