フォト
無料ブログはココログ

2006年5月新婚旅行

  • 帰宅
    だいぶ遅れてしまったけれど、ハワイイ・カウアイ島へ新婚旅行。

アクセス調査

  • google analytics test

« 文房堂ギャラリーカフェ | トップページ | JR西日本『三江線』の廃止が決定し、きゅんとなる »

2016年9月 6日 (火)

終わらない夏休みの宿題

僕は夏休みの宿題をちゃんとやった記憶がない。

夏休みの中盤になるとキツネノカミソリが咲き出して、やがてツクツクボウシが鳴き出す。そのころからはかなり追い上げないと終わらないはずなのに、のんびりとだらだら進めるからまるで終わらずになる休みが終わる。夏休みが終わるとヒガンバナが咲き始めるけれどそれでも宿題は終わらない。僕にとってヒガンバナは終わらない夏休みの象徴のような存在だ。

先週、隅田川のほとりでヒガンバナを見た。棒は反射的に宿題のことを思い出す。

大人になってからは学校の宿題はなくなった代わりに、ここ数年は自分自身で夏休みの課題を設定して取り組んできた。今年の僕の夏休みの宿題は「日本の近代史に真剣に向き合うこと」だ。

高校では歴史を選択しなかったし、小学校、中学校時代ははっきり言って嫌いな科目だったから、ほとんど何も覚えていない。

そんな僕が近代史には向き合わないといけないな、と強く思うようになって数年が経つ。どこから学んでいけば良いかよく分からないから、寺島実郎氏の『若き日本の肖像』を手がかりに、約100年前に影響力を及ぼした人々の足跡をたどることを始めた。

すべてを網羅するのは難しいし、時間もかかるだろうが真剣に取り組んでいこうと思う。いま呼んでいるのは『坂の上の雲』。もちろん司馬遼太郎。せめてこれを夏休みの締めくくりに読了しようと思っている。

« 文房堂ギャラリーカフェ | トップページ | JR西日本『三江線』の廃止が決定し、きゅんとなる »

1.自分のこと(生き方)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170867/64163454

この記事へのトラックバック一覧です: 終わらない夏休みの宿題:

« 文房堂ギャラリーカフェ | トップページ | JR西日本『三江線』の廃止が決定し、きゅんとなる »