フォト
無料ブログはココログ

2006年5月新婚旅行

  • 帰宅
    だいぶ遅れてしまったけれど、ハワイイ・カウアイ島へ新婚旅行。

アクセス調査

  • google analytics test

« Island hopper | トップページ | 土庄から高松へ »

2016年10月15日 (土)

地域を変えた瀬戸内国際芸術祭2016

2年ぶりの小豆島

瀬戸内国際芸術祭2016に行ってみて、一番感動したことを一言で言うならば、「民芸の復興」ということになると思う。

瀬戸内国際芸術祭に出展されている作品のほとんどは、現代アートであって、正直なところ訳の分からない作品が多い。もちろん現代アートの多くの作品がそうであるように、そこに意味を求めるのではなく、好きか嫌いか、或いは何を感じるかが大事であって、論理や主張を求める必要がないものも多い。

ましてや素朴な生活を送る瀬戸内の島民のおじいさんやおばあちゃんにとって、家の近所の空き屋に展示されている作品は共感の対象にはきっとなっていないだろうと、容易に想像がつく。

しかし、しかしである。僕はこの2日間で、瀬戸内国際芸術祭が島民の価値観や生活スタイルを大きく変えていることに気付いた。例えば畑に置き去られている農具の置き方一つをとってみても、青と黄色のカゴを綺麗に並べている。港に行けば、漁網とブイで瀬戸内に沈む夕陽を表現しているようにしかみえない置き方をしている。玄関先の扉をわざと開けて綺麗に花を生けた庭先が見えるようにしている。

こういう名もなき民衆の生活のなかに美的感覚が自然に入り込んでいく姿こそ、民芸なのだろう。瀬戸内国際芸術祭がもたらした地域の変化は予想以上に大きいかもしれない。

2年ぶりの小豆島

2年ぶりの小豆島は、ちょうどオリーブが収穫の時期を迎えていた。

2年ぶりの小豆島

ここへは2年前の夏にも来たことがある。→その時の写真

« Island hopper | トップページ | 土庄から高松へ »

1.自分のこと(生き方)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170867/64365866

この記事へのトラックバック一覧です: 地域を変えた瀬戸内国際芸術祭2016:

« Island hopper | トップページ | 土庄から高松へ »