フォト
無料ブログはココログ

2006年5月新婚旅行

  • 帰宅
    だいぶ遅れてしまったけれど、ハワイイ・カウアイ島へ新婚旅行。

アクセス調査

  • google analytics test
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« N博士は同窓会へ | トップページ | ココログが苦しんでいる »

2019年3月18日 (月)

吊りチラシ、減ってるよね?


たまに出張などで地方の電車に乗ると、その車内広告が少なくで驚くことがある。広告をあまり好まない私には嬉しい驚きで好ましい。

それに比べると都心部の電車に乗ると、回りには情報が溢れている。車内広告は、これを買えというものばかりでまったく鬱陶しい。広告はもちろんたくさんの人が見るように作られているのだが、買うこと、所有することが幸福の証だった時代が終わろうとする今、広告の有り方も変わりつつあるのだろう。これとは違う理由で車内広告が変わりつつあるようだ。都営地下鉄三田線に乗ったとき、車内広告が少なくて驚いた。特に吊りチラシが極端に少なかった。ひょっとすると交換の途中で少なかったのかもしれないが、僕はその時、「これはモニター式の電子広告普及によるものなのではないか」と感じた。最近はモニター式の広告が増えている。紙が少なくなるのは良いと思うが、混雑した電車のなかで見知らぬ人々がモニターを眺めているのは何とも滑稽で、自分はその中の一人には絶対になりたくない、と思ってしまう。だから僕は極力車内モニターは見ないようにしている。おっと、話が脱線した。車内広告が無くなる日もそんなに遠くないかもしれない。そうしたら溢れる情報も少しは減って、快適な車内になるのかもしれない。

« N博士は同窓会へ | トップページ | ココログが苦しんでいる »

3.ふと思ったこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« N博士は同窓会へ | トップページ | ココログが苦しんでいる »