フォト

2006年5月新婚旅行

  • 帰宅
    だいぶ遅れてしまったけれど、ハワイイ・カウアイ島へ新婚旅行。

アクセス調査

  • google analytics test
無料ブログはココログ

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019/10/30

飛行機がすれ違う

Image1_20191030212001Image2_20191030212001

2019/10/28

この辺りはスッカラカンなのさ

Image1_20191028072601Image1_20191028072602
海も陸も見かけはいいがな この辺りはスッカラカンなのさ 芸備線の窓からの車両は『紅の豚』でのポルコのセリフを思い出させる。 でも、本当はそうじゃないかもしれない。実はなんでも揃っているのだ、という見方もできるという指摘もある。 それにしても、このエリアを電車やバスで交通インフラを維持し続けることの意味は問うていく必要があるだろう。時代の変化に対応して柔軟に変えていくべきところはないか、真剣に向き合わないといけない。

芸備線、一年ぶりに全線開通!

Image1_20191028072101Image2_20191028072101Image3_20191028072101Image4_20191028072101
平成30年7月の西日本豪雨は、中国地方に甚大な被害をもたらした。広島県を横断する芸備線もそのひとつで、白木山駅と狩留家(かるが)駅間の三篠川に架かる橋が流されていらい一年以上に渡って不通となっていた。 その備後線が開通したというニュースを聞いたので、今日の移動には備後線を使うことにした。

2019/10/25

羽田→広島

Image1_20191025092001Image2_20191025092001Image3_20191025092001

はたらく車

Image1_20191025091701Image2_20191025091701Image3_20191025091701

しりとおしりとスプレーと

Image1_20191025091501
日本が国際都市に成長して行く過程で、色々な場面で翻訳に触れることが多くなった。電車に乗れば、英語、中国語、韓国語での案内が普通になってしばらく経つ。 しかし、外国人向けの翻訳はうまくできているのだろうか、或いは逆に、翻訳を通じて日本語表記のおかしさに気づくこともあるのではないか、そんな思いをすることがあった。 場所は羽田空港のラウンジのお手洗い。ウォシュレットのパネルには日本語と英語が併記されている。 止=STOP ビデ=bidet 音量=volume この辺りはよい。気になるのは おしり=spray となっていることだ。 ビデはsprayではないのか、そもそも「しり」ではなく、「おしり」となっているのはなぜなんだろう、と疑問は次々に浮かんでくる。 世の中は不思議なことにだらけだ。

早朝、羽田空港へ向かう

Image1_20191025090001Image3_20191025090001

2019/10/24

多摩川河川敷

Image1_20191024132701Image2_20191024132701

富士山冠雪

Image1_20191024132301Image3_20191024132301
今週は今日だけ天気が安定していそう、ということで無理を押して山梨へ。 昨日のニュースで富士山初冠雪、昨年より22日遅れ、とあった。化粧のノリが良いようで、美しく見える。上の写真は御殿場側。

2019/10/23

水道橋駅、夜明け前

Image1_20191023053101Image2_20191023053101

2019/10/21

ラグビーワールドカップ

158db655f46b47e6a9f7ab4b51d39bc5

町会の会合の一幕。 元ラグビー部の青年が、ラグビー初心者なルールの説明をしている。今夜の南アフリカ戦を楽しむためらしい。

赤坂から千代田区方面

Image1_20191021190301
赤坂B izタワーの上層階で打ち合わせ。 皇居を普段とは反対側から眺める感じ。 知名度や重要性ではきっと大差ないのに、こちら側からの景気の方が、格式高い感じがしてしまう。

2019/10/20

MJの成長記録その80

Image1_20191020105801
受験勉強で睡眠不足のMJ。総武線で一眠り。

開業間近、渋谷スクランブルスクエア

Image1_20191020105501Image2_20191020105501
渋谷駅前の超高層ビル、渋谷スクランブルスクエアが11月1日の開業を間近に控えている。 見た目には完成しているように見える。いまは、内部の準備をしているところなんだろう。

多摩川の氾濫現場

Image1_20191020103601Image2_20191020103601Image3_20191020103601Image4_20191020103601Image5_20191020103601
台風19号で多摩川が氾濫した。被災した方々にはお見舞いを申し上げる一方で、河川環境に関わる仕事をする人間にとって、重要な学びの場でもある。何しろ何十年に一度の出来事。後輩を連れて現地を確認しに出かけた。

日比谷公園と松本楼の高級車

Image1_20191020085401Image2_20191020085401
ミッドタウンから環境省まで歩く。といっても日比谷公園を抜ければすぐ近くだ。 これは日比谷公園の心字池。いつも気持ちが良い。千代田区では珍しいカエルが見られる場所。

日比谷ミッドタウン全容

Image2_20191020084901
日比谷公園から見た、日比谷ミッドタウン。 その右側は、鹿鳴館跡地、さらに右には帝国ホテル。 日本の近代化を象徴する場所に、新しい時代を象徴するビルが建った。

2019/10/17

ハロウィン マスカレード ラズベリー モカ

Image1_20191017120001
スターバックスで、ごく短期間だけの特別メニューだそうだ。 ライブビューイングのあと、メモ起こしと思索のため、日比谷ミッドタウン地下にあるスターバックスに入った。カウンターが中央部にあり、木がふんだんに使われた気持ち良い空間。 都内のスターバックスの中でもとびきりオシャレだ。

日比谷MTのトイレには着替え室

Image1_20191017115501Image2_20191017115501
日比谷ミッドタウンに寺島実郎ライブビューイングを視聴しに行った。 その時に使ったお手洗い。場所柄なんだと思うけれど、トイレの中に「ドレッシング・ラウンジ」という別の部屋が設置されていた。

旧友

Image1_20191017114901
21時過ぎに、古い友人から電話 「いま、神保町なんだが出てこられないか」 相談したいこともあったので出て行った。 思えばずっとこいつの背中を見て歩いてきた気がする。いつまで経っても追いつけないどころか、どんどん先に行ってしまう。 僕に残された時間をどう使って生きていくか、自分に問いかける機会になる。

キンモクセイ薫る

Image1_20191017114401Image2_20191017114401
やっとキンモクセイが咲き始めた。 例年よりだいぶ遅い。 白いキンモクセイは、普通のよりもさらに早く咲くことが多かったのだが、今年は一緒に咲き始めたのも不思議。いつもと違う。

2019/10/15

台風19号被害 竹橋あたり

Image1_20191015184402Image2_20191015184402Image4_20191015184401Image3_20191015184401

台風後始末

Image1_20191015184401Image2_20191015184401

丸紅本社、工事着々と

Image1_20191015184101
丸紅本社の工事がぐんぐん進んでいる。

九段会館工事進捗

Image1_20191015184001Image2_20191015184001

台風19号で休業した九段下の店舗

Image1_20191015183701Image2_20191015183701Image3_20191015183701Image4_20191015183701Image5_20191015183701

2019/10/13

台風後の散歩

Image1_20191013132701

台風が通過した後の朝。気持ちが良いのでワイフと二人で散歩した。

MJも誘ったのだが、彼は最近付き合いが悪い。

Image2_20191013132701

九段下の交差点から靖国神社方面。地上付近まで青い空が見えるのが分かる。これは空気中に粉塵が少ないためで、台風直後の醍醐味なのだ。

 

台風一過の神田川

Image2_20191013093101

今朝の神田川。水道橋駅西口付近から下流方面。水面も穏やかである。

Image3_20191013093101

これは同じ場所からの前日の台風通3時間前の様子。

Image4_20191013093101

これは今朝の写真。水道橋駅西口から下流/飯田橋方面。

 

2019/10/12

台風19号で多くの店は休業

Image1_20191012213301

水道橋駅東口のマクドナルド。365日、24時間営業の店舗なのだが、今日は閉店している。

Image2_20191012213301

入り口には、台風19号の影響と明確に記されている。

Image3_20191012213301

無休の象徴、コンビニエンスストアも今日はおやすみ。ここはファミリーマート水道橋駅西口店。

Image4_20191012213301

実際には12日の午後くらいからは、電車も動くし営業できたのだろうけれど、仕入れとかの関係だろう13日の朝からの営業としている。

Image5_20191012213301

カフェ・ベローチェの閉店中。

Image6_20191012213301

ところが、ローソンだけは開店していた。店番はネパール人の青年。

Image7_20191012213301

パンやおにぎりは全部無くなっていた。

水道橋駅周り、台風で閑散

Image1_20191012213001Image2_20191012213001Image6_20191012213001Image3_20191012213001Image4_20191012213001

台風19号で水道橋駅閉鎖

Image1_20191012212401Image2_20191012212401Image3_20191012212401

台風に備える

Image1_20191012212201


台風19号に備えて会社も早めの閉店。

神田川氾濫するかも

Image1_20191012212001


水道橋駅西口付近。
台風19号の雨で神田川の水位がかなり高くなっている

2019/10/11

たんぷれ

Image1_20191011080001Image3_20191011080001


ワイフの誕生日。

2019/10/10

未だ咲かぬ誕生花

Image1_20191010170201

今日はワイフの誕生日だ。いつもならキンモクセイの花が咲いている時期なのに、今年は未だ咲き始めていない。この花の香りがプレゼント探しのスイッチになるようなところがあるのでなんだか調子が狂ってしまう。

実は三省堂本社はここにあり

Image1_20191010072701

三省堂書店といえば、神田神保町の顔の一つ。靖国通りとすずらん通りの交差点角にあるのは周知の事実。店名は「神田本店」。だから当然本社もここにあると誰もが思っていることだろう。Wikipediaにもそう書いてある。しかし、事実は異なるのだ。

三省堂のホームページによれば、(本店ではなく)本社は水道橋駅近くの神田三崎町とある。我が家からも近い。写真はその場所で、確かにそれなりに大きなビルではあるが、へぇ、これが三省堂の本社なの?と思うくらいの大きさではある。

いま、隣のビルが工事中で壁にある「三省堂本社」のロゴがよく見える。きっと中央線の車内からも見えるはずだ。

野球も人生も基本が大事なんだよな

Image1_20191010071501Image2_20191010071501

午前中は山梨で作業。昼過ぎに終えて15時過ぎに帰宅。夕方からMJの学校で父母面談に行く。ワイフはこの手の打ち合わせは苦手でほとんど来ない。だから僕一人で。

MJの針路についての話し合いで、中学受験のことなどを話す。先生方から学校での様子を聞いて苦笑いしつつ冷や汗を流す。

帰りは後楽園から歩きで帰る。ちょうど東京ドームで巨人阪神戦があるようで、球場周りは賑やかだ。

2019/10/09

ペレットストーブにあたりながら読書の贅沢

Image2_20191009233101Image3_20191009233101

山梨に出張の夜。今日の仕事が終わって、食事も済んでゆったり気分。少し寒いのでストーブを起こして、音楽をかけつつ読書。

ツノコガネ

Image1_20191009232701


山梨で同僚が見つけたツノコガネ。
カッコいい。

銀杏降る季節

Image1_20191009225201Image2_20191009225201


神保町白山通り沿いの銀杏、今年は特に多くなっているように思う。

メドワイン、ミードをいただく

Image1_20191009224901

チェコスロバキアに旅行に行っていたという同僚からハチミツのワインをいただいた。

実は家でもミードを作ってみた。法律的には1%未満である必要があるのでごく薄いものだけれど。飲み比べてみたい。

2019/10/07

ラーメンは人生かもしれない

Image1_20191007203201


まるで僕の人生と世界旅行みたいだな、と昼食のラーメンをすすりながら僕は思った。

麺は家族でスープは僕自身。自分に向き合い、家族に向き合う。時おり海外旅行に出かけていく。チャーシューはアメリカ、シナチクは中国、煮卵はイランで海苔は韓国、ほうれん草はインドネシアといったところか。

行ってはまた戻り、また出かけていく。チャーシューからほうれん草、煮卵と回って戻るということもたまにはある。

最後は家族に戻ってくるのだ。世界の隅々まで堪能し、自分自身さえも堪能して、あとは大切な人たちの所に戻って来る。そして、ああ、いい人生だったと思いながら箸を置くのだ。

この1年でやってきた3種の外来種

会社がある横浜市都筑区で、この一年で3種類の外来生物を初確認した。
一つはガビチョウ。これは以前からいるだろうとは思っていたし、20分ほど離れた川崎市内に 住んでいた時に声を聞いていた。しかし、会社の窓からなぎごえが聞こえたのははじめてだった。

次に見かけたのは、キマダラカマムシ。この夏のこと。大きなカメムシだ。

そして今朝、ホンセイインコの群れを見かけた。都内ではすっかり定着しているがこの辺りで見たのは初めてだった。

代々木会館ビル 解体始まる

Image1_20191007074901

代々木駅で総武線から山手線に乗り換える時、ホームから見える気になる建物が一つあった。

老朽化していかにも壊れてしまいそうな、危うい感じの建物。いつかチャンスを見つけて行ってみようと思っていたのだが、今朝、ホームから見たら工事用の設備が設置されつつあるのに気づいた。防音ボードなので解体工事だということはすぐに分かる。しまった、遅かったか。仕方ないのでネットで検索をかけてみる。いったいあの建物は何だったのか。

建物は『代々木会館ビル』というらしい。

Image2_20191007082801

(Wikipediaから)

1964年竣工の商業施設ビル、実に築55年。古いわけだ。一般的なコンクリートの建物の耐久は50年というから、建て替えの時期だということなのだろう。2019年夏から閉鎖されているようだ。

そして知らなかったのだが、今年2019年に大ヒットした新海誠監督の新作『天気の子』の中で重要な場所として描かれていてファンにとっては聖地の一つになっているらしい。その他、映画のロケ地としてもずいぶん使われていたようだ。

確かに代々木駅の前にあって、廃墟の様相を呈した異様な存在感を放っている。代々木の九龍城などとも呼ばれることもあるようだ。九段坂下にあった九段下ビルを思い出す。

この類のビルは、もう残り少なくない。銀座の奥野ビルとか、やはり中央区の鈴木ビルなどわずか数軒だろう。

せめてなくなる前に、その趣を味わっておきたいものだ。

2019/10/06

パレード「祝賀御列の儀」リハーサル

Image1_20191006213601Image2_20191006213601Image3_20191006213601Image4_20191006213601Image5_20191006213601Image6_20191006213601

22日に行われる「祝賀御列の儀」のリハーサルが6日朝、実際に走行する東京都心の約4・6キロで実施れた。
それを知らずにジョギングしていたら、途中から「ここから先、通行止めです。向こうにわたってください」と警察に誘導された。
機動隊や公安など、ただだごとではない人数が動員されていたので、何かあるのはすぐに分かったが、ニュースを見ない僕は検索するまでリハーサルと気づかなかった。

報道の報道

Image1_20191006211901

10/22の祝賀パレードのリハーサルを取材する報道陣の様子。

皆思い思いの場所で理想のカットを狙う。

Image2_20191006211901

桜田門の前にはまとまったグループが陣取っている。

いつもはここを走っているのだが、今日は通行止めということで対岸の道に誘導された。

Image3_20191006211901

脚立に立って待つ男。ご苦労さん。

2019/10/05

片側のピアス

Image1_20191006211301

持ち主と相方を失ったピアス

 

羽田空港と浜松町とを何度も行き来しながら迎えに来るのを待っているのみたいだ。

黄昏の航路

Image1_20191006211101

広島空港から羽田空港に向かう機内からの光景。時間帯、座席位置を考えての予約したのが見事に当たった。
焼津市方面から富士山

 

Image3_20191006211101

房総半島上空から東京湾、神奈川県方面、そして影富士を望む

Image4_20191006211101

千葉県市街地上空から町のネオンと、黒い東京湾、東京方面


 

雲の模様のプレゼント

Image1_20191005185801

広島空港を離陸した。丘陵地帯のこの空港は飛び立つと山の上。

 

Image2_20191005185801

今日の上空の雲は良かった。空気が澄んでいてコントラストが強い。夕方なので光が横から当たって余計に陰影が強く出る。

 

Image3_20191005185801

絨毯のような雲。爬虫類のうろこを連想させた。

週末まで一生懸命働いたご褒美なのかもと思った。

 

平等にね、ということ?

Image1_20191005185501

広島での仕事を終えて東京へと戻る。

飛行場でチェックインして、JALサクララウンジでリラックスしよう。

Image2_20191005185501

昨晩もずいぶん美味しいビールを飲ませていただいたところではあるが、今日は今日。

ラウンジのビールサーバーは4台あって、アサヒ、サントリー、キリン、サッポロと各社の製品が揃っている。羽田空港でも4社はなかったように記憶している。広島空港、すごいぞ。

おそらくは各社の営業のたまものなのだろうが、消費者からみると効きビールができるということになるわけで・・・ありがたい。

せっかくなので全社確認させていただきました。

今の僕にいちばん美味しく感じたのは、アサヒスーパードライでした。

宮島から広島駅

Image1_20191005184901Image2_20191005184901


厳島神社その2

Image1_20191005184601Image3_20191005184601Image4_20191005184601

厳島神社

Image1_20191005183801Image2_20191005183801Image3_20191005183801Image4_20191005183801


平和公園から宮島行きの船に乗ってみた

Image1_20191005183601Image2_20191005183601Image3_20191005183601Image4_20191005183601


広島平和公園

Image1_20191005180201Image2_20191005180201Image3_20191005180201Image4_20191005180201


広島電鉄に乗ってみた

Image1_20191005180101Image2_20191005180101Image3_20191005180101


マツダの街

Image1_20191005175801Image2_20191005175801

広島市内は欧米からの観光客が多い

Image1_20191005175001Image2_20191005175001Image3_20191005175001Image4_20191005175001Image5_20191005175001


広島出張

Image1_20191005174101


2日間の出張で広島へ。
早朝のフライトで観光の人よりもビジネスの人が多い。だから後ろの方はガラガラ。

JAL機内の安全ビデオがリニューアル

Image1_20191005173301

飛行機がり陸するときには、安全案内のレクチャーがある。どうもこれは世界共通のようで少なくとも私がこれまで乗ったことのある飛行機はどの国のものでも例外なく実施されていた。

 

以前はキャビンアテンダントの皆さんが実演形式で行っていたけれど、最近では地方路線や小さな飛行機以外ではビデオを使うことが多くなった。個人的にはあの実演が好きだったのだが、それはここでのテーマでないのでひとまず置いておく。

 

2ヶ月ぶりに飛行機にのったら、JALの機内ビデオが変わっているのに気づいた。聞いてみたところ9月から変わったそうだ。

綺麗な映像になったし、良いことも多いのだけれど、やっぱりなんだか毎回見るモティベーションは下がる。

 

どこもかしこも、タピオカ屋

Image1_20191005172401


あちこちにタピオカミルクのお店ができ始めて一年くらい経つ経つだろうか。ここへ来て拍車がかかったような気がする。
自宅から50m以内に2件、300m以内だと10件くらいあるみたいだ。いくらなんでも多すぎやしないか。
1年後に何件残っているか興味がある。

2019秋

 

Image2_20191005164801

最近のワイフの様子。

Image1_20191006214201

Image3_20191005164801

Image4_20191005164801

 

ワインの勉強会に参加したが・・・

Image1_20191005164401Image2_20191005164401Image3_20191005164401Image4_20191005164401Image5_20191005164401Image6_20191005164401Image7_20191005164401


銀座の夜散歩

Image1_20191005163901Image2_20191005163901Image3_20191005163901Image4_20191005163901Image5_20191005163901Image6_20191005163901Image7_20191005163901

データ復旧が超高額で驚いた

Image2_20191005163601Image1_20191005163601Image3_20191005163601


お彼岸

Image1_20191005162401

ヒガンバナがあちこちに目立つようになった。
ああ、秋だな。そういえば朝はずいぶんする涼しくなった。

台風15号で倒れた皇居周りの樹木

Image1_20191005160901Image2_20191005160901Image3_20191005160901

九段坂2019

Image1_20191005134601Image2_20191005134601Image3_20191005134601Image4_20191005134601Image5


九段下の交差点から九段坂を上る。
江戸時代、9段の階段となっていたのが名前の由来だと聞いたことがある。今は階段はなくスロープになっている。

九段坂公園改修工事中

Image1_20191005133501Image2_20191005133501Image4_20191005133501Image3_20191005133501


2019/10/04

九段会館工事中

Image1_20191004180801

長い混迷の時間を経て、九段会館の改修が始まった。


神楽坂散歩

Image1_20191004180601Image2_20191004180601Image3_20191004180601


350,737,777

Image1_20191004064101Image2_20191004064101Image3_20191004064101Image4_20191004064101


偽善と自分改革

Image1_20191004063101

好きになれない人のことまで幸福にと祈る、そんなのは偽善だという人がいる
たしかにそんな気もする。何が違うのか。

結局のところ、何のために祈るのかによるのだと気付いた。

他人からの評価のために嫌なことをするのが偽善
自分の心の壁を打ち破り境涯を大きくするために嫌なことに挑戦するのは自分改革、すなわち人間革命

周りからどう評価されるかではなく、自分の成長のために挑戦していけば良いのだ。それに気付いたら気持ちが少し楽になった。周りの評価を気にしてはいけない。

2019/10/03

秋葉原万世橋 夏の終わり

Image2_20191003082101

秋葉原で買い物。万世橋からの船と電車。
空は青く美しい。その澄んだ感じが秋の気配を感じさせる。

エスカレーターの片側通行について

Image1_20191003081601

 

エスカレーターの片側通行について。関東では立ち止まる人は左側、関西では右側と言うのはとても有名。確かその境界は岐阜あたりにあると言うようなことも聞いたことがある。一方、この片側通行のルールは海外ではなく、日本独自のルールだ、と言うようなことも耳にする。

ところが日本国内のこのルール、最近少し変わってきたようだ。エスカレーターないで立ち歩くのは危険である、とのことで片側を歩かないように、つまり両側とも立ったまま、と言うルールが普及しつつあるらしい。

 

確かに駅のホームなどで、右側誰もいないのに左側に立つために長蛇の列になっているのを見ると違和感を感じる。両側に立てば列はなくても済みそうだ。

 

こうした社会のルールは、生き物だ。時代とともにどんどん変化していくもの。左側に立って成立するのもいつまで適用されるルールがわからない。いつかこんな写真を見ただけで、ああ、こんな乗り方をしていたこともあったねと、懐かしくなる日が来るのかもしれない。

キマダラカメラムシがやって来た

Image1_20191003081501Image2_20191003081501


ネズミたちの昼下がり

Image1_20191003081101Image2_20191003081101


TICAD7 アフリカ開発会議

Image1_20191003081001Image2_20191003081001Image3_20191003081001


疲労


« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

最近の写真

  • Image0_20200805071901
  • Img_6279
  • Dji_20200729_111313_730
  • Dji_20200729_115427_364
  • Dji_20200729_115706_068
  • Dji_20200729_120308_314
  • Dji_20200729_120923_556
  • Dji_20200729_121114_486
  • Img_6374
  • Image0_20200804070401
  • Image1_20200804070401
  • Img_6161