フォト

2006年5月新婚旅行

  • 帰宅
    だいぶ遅れてしまったけれど、ハワイイ・カウアイ島へ新婚旅行。

アクセス調査

  • google analytics test
無料ブログはココログ

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019/11/30

The White Houseのクリスマスオーナメントに年の暮れを想う

Image1_20191203221601

Washington D.C.のホワイトハウスでは、毎年クリスマスオーナメントを作っているそうだ。

Image2_20191203221601

九段下にある寺島文庫では、毎年この時期になるとこのオーナメントを展示している。

僕にとっては身近な存在ではないけれど、世界視野で活動している人には心に響くものがあるのだろう。

Image3_20191203221601

Image4_20191203221601

Image5_20191203221601

充実の朝食

Image0_20191206142201

 

当たり前のように過ごしていると麻痺しそうだけれど、なんでもない平日の朝食がこんなに充実しているというのはそれだけでも幸せなことだと思う。

朝起きて新聞を配達してから、誰の手助けもなくチャチャっと作るわけだから、あなたはすごい人です。毎日ありがとう。

2019/11/29

赤坂から四谷駅まで歩くともう一杯飲みたくなる

Image0_20191203212401

今夜はかつて勤務していた(財)水資源協会の年に一度のOB/OG会。

場所はかつて財団があった赤坂。最晩年は財政難で日本橋に移動したが、全盛期だったときの思いが強いのだろう、いつも赤坂と決まっている。会が終わり、二次会はエスケープして帰宅する。でも、少し歩きたいような気持ちになって、四ツ谷まで歩いてみることにした。といってもわずか15分くらいのことだけれど。

Image1_20191203212401

赤坂の町は今でもそこそこ元気。外国人が少ないのが特徴だろう。いまやノスタルジックな感じさえする。

Image3_20191203212401

Image8_20191203212401

Image9_20191203212401

赤坂プリンスホテルの前を通って、

Image11

ホテルニューオータニの前も通過して、

Image12

迎賓館と赤坂御用地の脇を通って四ツ谷駅に到着。

まずいな、酔いが冷めちゃった。友人のやっている店によって一杯だけのんで帰ることにしよう。

OB/OG会

Image0_20191203211501

Image1_20191203211501

元気なお年寄りが、活躍できる場所を作るのは、若者の責務でもある。

若者を前に、偉そうな事を話させてあげる、若者は若者でその中から少しでも役に立つことを持ち帰る、それがOB会とういう場所。

良くも悪くも、時代を作り上げてきた人たちの中には、参考にあるものがある。

 

 

毎年のこと。

世界遺産・三角西港

Image0_20191129175101Image1_20191129175101Image2_20191129175101Image3_20191129175101
天草への道すがら、街道沿いに素敵な洋館を見かけた。私、実は洋館好きなのです。マニアではないけれど見かけると必ず立ち寄りたい性分。 不勉強で知らなかったのだが、ここ三角西港は世界遺産に登録されているとのこと。 『明治日本の産業革命遺産』 130年ほど前に作られた石積みの港が完全に残されていることがその理由とのこと。 公園内はよく整備されていて、時間を過ごすだけでも立ち寄る価値があると思う。

十字架の三角駅

Image0_20191129173101
駅舎に十字架のある駅って珍しいと思う。

宮川洋蘭さんを訪問

Image0_20191129172101

思い出すと笑っちゃう、天草・海の幸の美味しさよ

Image0_20191129172001Image1_20191129172001Image2_20191129172001

熊本県庁前のイチョウが見頃

Image0_20191129171501

熊本城

Image0_20191129171301Image1_20191129171301Image2_20191129171301Image3_20191129171301

2019/11/27

長部田海床路(ながべたかいしょうろ)

Image5_20191201122501

熊本県宇土市にある長部田海床路。干潟の沖の方にある船着き場にいくための道路である。

潮が満ちてくる時間になると完全に水没する。その時の様子が、宮崎駿のアニメ『千と千尋の神隠し』にでてくる海原鉄道の駅に似ているということで、人気のスポットになっている。

Image6_20191201122501

Image7_20191201122501

沖の方では海苔の養殖をしているようだった。

2019/11/26

嵐のJAL

Image0_20191126075401

Image1_20191126075401

JALの新しい機材、A350-900

嵐の絵柄なのね。

機内放送でも「嵐」の特別プログラムが組まれていた。何でも結成20周年だそうな。

 

 

サラリーマンのドーピング

Image0_20191126075201
今日から九州・熊本。 疲労が抜けないので、サクリウンジでサラリーマンの元気ドリンク。トマトジュースとリアンゴールドのミックス。

2019/11/25

日比谷ミッドタウン、TOHOシネマズ

Image0_20191125215001

珠洲市役所から羽咋市へ

Image1_20191125214401Image3_20191125214401Image4_20191125214401Image5_20191125214401

廃校に泊まる

Image0_20191125213701Image2_20191125213701Image3_20191125213701Image4_20191125213701Image5_20191125213701Image6_20191125213701Image7_20191125213701Image8Image9Image10

2019/11/20

僕は、ついに虹のたもとを見つけた

Image2_20191120191201 Image3_20191120191201

 

昨日、石川県能登町の海岸で、人生最高の虹を見た。

これまでも見たどの虹よりも鮮明で、とても近い。そして小さい。手が届くとまでは言わないが20mほど先に、豁然とそれはあった。

完璧な半円、乱れのない光彩、アレキサンダーの暗帯も明瞭。まったく申し分のない完璧な虹だった。 

「虹のたもと」、といえば、それは普通「見つけられないもの、辿り着けないもの」のメタファーとして使われる。しかし、今日の虹はそうじゃなかった。小石を投げれば届く場所に虹のたもとは確実にあり、一方は海岸の水辺から、他方は岩礁から、おぼろげに立ち上がっていた。 

僕はこの虹に教えられた。夢は何処か遠くにあるんじゃない、いつだって手が届く場所にあるのだということを。

2019/11/18

2019日本冒険フォーラム「新たな自分の発見 ~植村直己の精神をつなぐ〜」

Image0_20191118205801Image1_20191118205801Image3_20191118205801Image4_20191118205801Image5_20191118205801Image6_20191118205801Image7_20191118205801

中岡さんを偲ぶ

Image0_20191118201901Image1_20191118201901Image2_20191118201901Image3_20191118201901Image4_20191118201901
美香子ちゃんを救う会の代表を務めた中岡洋一さんが亡くなって明日で3年になる。 親しい友人と中岡さんを偲んだ。 今でも何か辛いことにぶつかった時、中岡さんならどうするだろうかと思うことがある。ワイフもそうだという。つまり彼は今でも僕らの心の中に鮮やかに生き続けているのだ。

2019/11/15

山中湖、秋本番!

Image1_20191115165901

今年は秋の訪れが遅い。標高1000mの山中湖畔で、11月の半ばになってようやく見頃を迎えた紅葉。

Image2_20191115165901

村役場の前の白樺並みと東大のカラマツ。

Image3_20191115165901

楓の仲間が見頃。

Image4_20191115165901

職場へ向かう道。秋と冬の間の静かな空気が僕は好きだ。

 

Image5_20191115165901

別荘地はもう冬のたたずまいだ

Image6_20191115165901

仕事を終えて高速バスで東京に戻る。気持ちいい1日だった。

 

月明かりの富士山

Image0_20191115084701
今夜は満月で見事な月が東の空から上がってきた。月が昇るにつれて富士山が明るく見えてきた。冬が本格的に始まる前に、もう少し同じところを進めなくてはいけない。 山小屋の椅子に座り小さな音でJAZZをかけ、少し温めたらウィスキーを飲みながら仕事を続ける。静かな夜だ。

スムシにやられた!

Image1_20191115084201Image2_20191115084201Image3_20191115084201Image4_20191115084201

吊り革観察 丸の内線

Image0_20191115082501
東京メトロ丸の内線の新型車両。丸い窓が面白い。 吊り革はシックでレトロな、黒色の丸型。丸型は最近の主流では無いのだが、丸の内線であること、レトロ感を出すためといった行った理由で採用されているのでは無いかと推察している。 優先席も最近多い三角ではなく、丸型と丸に近い涙型。

2019/11/11

パレードには行ってみたが

Image0_20191111205301Image1_20191111205301Image2_20191111205301
ご即位の記念パレードに我が家も出かけてみた。 ものすごい数の人で、1時間半前に到着したにもかかわらず、沿道の観覧スペースには入れなかったので、近くで雰囲気だけでもと味わってきた。

2019/11/10

警察官ってこんなにいるんだ

Image0_20191110081201Image1_20191110081201Image2_20191110081201Image3_20191110081201Image4_20191110081201Image5_20191110081201
今日の午後は、ご即位記念パレード。 朝のジョギングで皇居を回った時、警察官の多さに驚いた。人生の中でこんなにたくさんの警察官を一度に見たことはないだろう。5000人くらいはいたと思う。見えていないところにはもっといるだろうから、その合計はすごい数になりそう。 昨日の夜の祭典の後の会場はすっかり片付いて雰囲気も変わっていた。僕ら家族も午後に見学に行く予定。

2019/11/09

紀尾井町辺り

Image0_20191109183201
落語のあと、四谷駅まで散歩。 ニューオータニ、上智大学、内堀を渡って迎賓館。 平河町の辺りはあまり歩かないので新鮮な気分になる。千代田区にいつまで住むか分からないが、ここにいる間に色々と楽しんでおきたい。

国立演芸場で寄席

Image0_20191109180501Image1_20191109180501Image2_20191109180501Image3_20191109180501Image4_20191109180501
千代田区民枠に当選して廉価で観劇させていただいた。 見るべき所はあるが、僕にはあまり合わないのかもしれない。笑えるところが少なかった。

グランドパレスホテル

Image0_20191109180101
ここへ越してきて取り壊しがあって、立て直しがあって、完成しやがて街に馴染んできた。 歳月を感じる。

国民祭典、直前

Image0_20191109175201Image1_20191109175201Image3_20191109175201Image5_20191109175201

名古屋駅周辺

Image0_20191109175001Image1_20191109175001Image2_20191109175001Image3_20191109175001
ホテルから名古屋駅まで散歩がてら歩いてみた。 なんというか、街の規模が悪くない感じが心地良い。 最後に駅で朝きしめんで朝食。

名古屋柳橋中央市場

Image0_20191109174701Image2_20191109174701Image3_20191109174701Image4_20191109174701

2019/11/08

すごい木

Image1_20191108212801Image2_20191108212801Image3_20191108212801Image4_20191108212801
名古屋市中区錦町で見かけた木。ポプラの仲間かな。 根がすごいことになっていた。何という生命力!足を飲み込もうとしている。 アンコールワットの遺跡を思い出した。

名古屋大学で、ちっと話す

Image0_20191108212301
セミナーでの話題提供。 気が重い。

2019/11/07

まだ頑張るミツバチたち

Image0_20191107124701Image1_20191107124701Image2_20191107124701

2019/11/05

ミッドタウン日比谷

Image0_20191105173001Image1_20191105173001Image2_20191105173001
MJが模擬試験受験中、ワイフと二人で日比谷を散歩した。 彼女は今度は〇〇さんをお誘いしようかしら」とすっかりご満悦。

ラグビーシーズン終わり

Image1_20191105172801Image2_20191105172801Image3_20191105172801

ラグビーワールドカップ

Image0_20191105172201Image0_20191105172202

タルトがなきゃ、秋は来ない!

Image0Image1_20191105074001
受験生がいるので二月まではイベントを絶っている我が家。毎年買っている紅玉の購入もなしなので、甘酸っぱい香りが部屋に満つることもなかった。 しかし、我慢ならなかったワイフが遂に紅玉を少しだけ手に入れて焼き菓子を作った。これで我が家が秋にすべきことは全部やり終えた。

2019/11/01

今日から開業!

Image1_20191101230301Image2_20191101230301

千駄ヶ谷駅、完成まじか

Image1_20191101225801
千駄ヶ谷駅の新しいホームの工事が大詰めを迎えている。来年のオリンピックにはもちろん間に合うだろうが、きっともっと早く完成させ運用が始まるに違いない。

1ジョルナータの空

Image1_20191101184701
犬猫なら頭か匹、魚は匹、木なら本、人なら人 この辺は常識 箸なら膳、橋なら橋、茶器なら客、手袋なら双 この辺になると怪しいが納得もできる しかし世の中には不思議な単位があるもので、フレスコ画を書くときに使われていた単位はジョルナータといったそうだ。フレスコ画は毎日作業前にその日に完成させるだけの漆喰を塗るらしいのだが、その範囲がジョルナータ。つまり一日の作業量の単位ということになる。 今日の空はヨーロッパの絵画、フレスコ画みたいだなと感じて、ジョルナータのことを思い出した。

渋谷ハロウィン2019

Image1_20191101074801Image2_20191101074801

クイナの渡り

Image1_20191101074601
クイ、クイ、クイ、クイ・・・ 聞き覚えのある特徴的な鳴き声。そして、「ああ、そんな時期か」と思う。 早渕川沿いのヨシの茂みに隠れていたのはクイナ。この辺りでは渡りの時期にだけ見かける旅鳥である。我慢強く粘っていたら姿を少しだけ見せてくれた。

小道をゆく昼休み

Image1_20191101073901Image2_20191101073901Image3_20191101073901

日本工業倶楽部で講演を聞く

Image1_20191101073701Image2_20191101073701Image3_20191101073701Image4_20191101073701Image5_20191101073701

羽田空港に着陸後も窓外は面白い

Image1_20191101073001Image2_20191101073001Image3_20191101073001Image4_20191101073001

クリアな東京湾

Image1_20191101072401Image2_20191101072401Image3_20191101072401

雨後の東京湾

Image1_20191101072101Image2_20191101072101Image3_20191101072101Image4_20191101072101

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

最近の写真

  • Image0_20200805071901
  • Img_6279
  • Dji_20200729_111313_730
  • Dji_20200729_115427_364
  • Dji_20200729_115706_068
  • Dji_20200729_120308_314
  • Dji_20200729_120923_556
  • Dji_20200729_121114_486
  • Img_6374
  • Image0_20200804070401
  • Image1_20200804070401
  • Img_6161