フォト
無料ブログはココログ

2006年5月新婚旅行

  • 帰宅
    だいぶ遅れてしまったけれど、ハワイイ・カウアイ島へ新婚旅行。

アクセス調査

  • google analytics test

カテゴリー「1.自分のこと(生き方)」の2058件の記事

2017年6月28日 (水)

盛岡市動物公園

今日は岩手県盛岡市の盛岡市動物公園である材料のサンプリングを行った。
休園日のところ、辻本園長や名物職員の藤好さんらにお手伝いいただいた。なぜ藤好さんが名物かというと、職員とは別の顔があるからだ。キックボクシングのある階級の東北チャンピオンとのこと。

休日の動物園は動物たちがリラックスしているような感じがして悪くなかった。

仕事も順調に終わって関係者のご協力に感謝。

藤原養蜂場の藤原さんと

藤原養蜂場の藤原さんと

今週は岩手県の盛岡市を訪れた。盛岡の藤原養蜂場は創業120年の老舗。当社を表敬訪問した。

続きを読む "藤原養蜂場の藤原さんと" »

2017年6月25日 (日)

山中湖村の朝を

山中湖村の朝を
蜜蜂の世話で山中湖までいく。
昨晩、広島から帰ってきて、今朝は3時過ぎに出発。さすがに疲れる。
締め切りのすぎた原稿も終わっていない。
不安な気持ちのせいか、睡眠不足なのによく眠れない日が続いている。
今年の夏、山中湖村の朝を僕はあと何回眺めることになるんだろう。

2017年6月22日 (木)

80年後を楽しみに

80年後を楽しみに
去年、広島県北東部のこの場所にホワイトオークを植えた。ウィスキー樽を作るために植えた、日本で最初のホワイトオークがこの木なのだ。

自分がその歴史を作る主体者になれたことを誇りに思う。それがすくすくと育っている様子を確認して嬉しかった。

僕がこの木から作った樽でウィスキーを飲むことはないだろう。木が育つのに80年、それを乾燥させ製材し、それから樽に詰めて寝かせてやっとできる。早くても焼く100年後のこと。

僕の息子のMJの孫かひ孫の世代に実現するかどうかという気の長い話なのだ。

自分磨きのひととき


大人の時間
地方の出張の時には極力、普段会えないその地域に住んでいる友人に会うようにしているのだが、今夜はとうとう都合がつかなかったので独りで過ごすことになった。

ホテルの部屋での仕事に一区切りつけてから、さあ町に繰り出そうと思いたつも、そこら辺の居酒屋でいつものように過ごすのはどうも知恵がないように思えたので、この美しい岡山の町をどう楽しもうかと考えた末、久しぶりにシガーバーに行こうと決めた。今夜は紳士のたしなみで、自分に磨きをかけることにしよう。

岡山にはオーセンティックなシガーバーは1,2軒しかない。そのうちの老舗、『パラディ』に決めた。雨が降りだしたが傘の必要はない。傘の備えない"良いバー"はないのだら。

エレベーター4階の扉が開くと、店主とおぼしき男性が立っていて、ちょっと驚く。つまり彼は僕がこの階で降りることを予め知っていたのだ。こういう店は期待が持てる。

「シガーはされますか」とかれたので、そうだというと、シガールームに通された。その時の彼の顔が少し嬉しそうだったのを見逃さなかった。彼はシガー愛好者を愛好しているに違いない。期待は確信に変わる。

続きを読む "自分磨きのひととき" »

倉敷美観地区はなんか、ずいぶん変わっていた

倉敷美観地区
30年ぶりに訪れた倉敷。

続きを読む "倉敷美観地区はなんか、ずいぶん変わっていた" »

倉敷駅前アンデルセン広場

倉敷駅前アンデルセン広場

倉敷駅前の広場
なぜかアンデルセン。仕掛け時計のレベルはすごく高いと思う。

続きを読む "倉敷駅前アンデルセン広場" »

2017年6月20日 (火)

岡山空港から倉敷へ

岡山空港から倉敷へ
大丈夫なように設計されているとは思うんだが、岡山空港から倉敷駅北口に行く高速バスの乗り継ぎ時間が気になる。飛行機到着時刻からたった15分しかないのだ。

今日は手 機内持ち込みの荷物しかないから良いけれど、それでも下船してからチケットを買い、座席に座ったら割りとすぐに出発だった。もし、預けの荷物があったら間に合ったかどうか不安だ。次のバスまでは 2時間もあるから、時間短縮の飛行機メリットはほとんどなくなってしまいそう。

高速バスの同乗者は全部で7人。ガラガラという印象だ。場所と季節を反映して、窓の外には紙のカバーをかけた桃が目立つ。やはり岡山と言えば桃が真っ先に思いつく。

車酔いをしないように車内では仕事はしない。他にすることもないので、岡山について断想した。

桃以外に思いつくことといえば、日本一生息する淡水魚の種数が多い旭川、黒い姿から烏城といわれる岡山城、死体博物館のある津山、カブトガニの笠岡、美観地区や大原美術館の倉敷、ジーンズの児島、造船の玉野、マスカットなんかだろうか。それから大学時代に家庭教師として一緒に学んだ教え子が今では岡山で大学の教員をしているし、僕たち夫婦が最後に紹介して成婚した夫妻が引っ越したのは新見。昔、付き合っていた女性も岡山の人だったと、ちょっとほろ苦い思い出も出てきた。

そんな風に記憶の淵に釣糸を垂らしながら薄曇りの風景をぼんやり見ているうちに、倉敷駅に着いた。

羽田空港JALサクララウンジ

羽田空港JALサクララウンジ
今日は岡山へ出張。6時30分に家を出て空港に向かう。

千代田に住まうようになって一番便利だなと感じるのが、出張の時。羽田空港も成田空港も1時間以内で行けるし、東京駅までは約10分。新宿も15分あれば行ける。

この位置にいると、行き帰りの時の移動が少ないし、時間が正確に読めるからロスが少ない。深夜、早朝の便でもなんとかなる。

生意気にも出張がそこそこある身としてはありがたい。

空港に付くとついつい寄ってしまうのがラウンジ。コーヒー一杯を楽しむだけで気持ちのスイッチが入れ替わるから不思議。

さて、今日も頑張るぞ!

贅沢なお弁当

贅沢ランチ
今日はボーナス支給日のためだとおもうけど、お弁当がゴージャスだった。
ありがとう!

より以前の記事一覧