フォト
無料ブログはココログ

2006年5月新婚旅行

  • 帰宅
    だいぶ遅れてしまったけれど、ハワイイ・カウアイ島へ新婚旅行。

アクセス調査

  • google analytics test

カテゴリー「3.ふと思ったこと」の546件の記事

2018年4月 6日 (金)

神保町の老舗『いもや』閉店の真相


神保町の老舗『いもや』閉店の真相

平成30年3月末、食の街・神保町を代表する有名店『いもや』が店じまいした。
老舗の名店で、天丼のいもやととんかつのいもやがあった。去年までは天婦羅いもやもあったがそちらは先に閉店していた。
それが1ヶ月ほど前から急に長い列が目立つようになった。神保町の飲食店ではよくあることで、テレビや雑誌で取り上げられるとその直後から行列ができる。今回もそんなものだろうと思っていたら、先月、この界隈にすむ知人から、「『いもや』今月で店じまいなんですよ」と聞いた。そして今回の行列の原因はその閉店だろうという。
私も地元に住むので、店の存在は越してきた当時から知っていたし、何とか足を運んだ。特に去年亡くなった義父が好物で、MJがまだ小さな頃、昼食によく使っていたと聞いている。目の前で揚げる熱々の天婦羅やとんかつはやはり特別の美味しさがあり、安価であったことから、サラリーマンや学生だけでなく、OL、家族連れ、デート、老夫婦などに幅広く愛されていた。

さて、皆に愛されたその『いもや』、いったいなぜ閉店したのか。

続きを読む "神保町の老舗『いもや』閉店の真相" »

2018年4月 2日 (月)

ウグイスさえずり初認

ウグイスさえずり初認

ウグイスさえずり初認
横浜美術大学にやって来た。
窓辺で外を見ていたらウグイスがさえずりだした。

2018年3月22日 (木)

グリーンライン10周年記念装飾列車

グリーンライン10周年記念装飾列車
こんなのが走ってた。

開通したときのことをよく覚えている。10年なんてあっという間なんだなぁ。

2018年3月20日 (火)

もしこれが蕎麦ならば・・・

もしこれが蕎麦ならば・・・
今度の生態学会は、仕事の締め切りが迫るなかの挑戦的な参加で、実際のところ、寝る時間を削って仕事をせざるを得なかった。コンベンションセンターと宿との往復の毎日。

そのなかで食事だけが楽しみだったと言いたいところだが、 友人と一緒のジンギスカンなど一部の例外を除けば、あとは残念な内容だった。その中の極めつけがこの蕎麦。

蕎麦の生産日本一を誇る北海道の蕎麦屋だからとわずかに期待していたのだが、酷かった。蕎麦の香りはないし、噛み応えはニチャニチャして歯に残る。汁も好みではなかった。

僕は店長を呼びイタリア語でこう言った。

「もしこれがUDONならば、もっと太いものをください。そしてもしこれがSOBAならば、もう一度作り直してください」

イタリア語以降は冗談だけれど、なにか一言言いたくなるような残念な昼食だった。

2018年3月17日 (土)

ぐずぐず

札幌市内はぐずぐず

札幌市営地下鉄で移動。寒い地方は地下鉄が発達している。日本も世界も。

続きを読む "ぐずぐず" »

2018年3月 2日 (金)

開花間近の千鳥ヶ淵の桜が痛々しい

桜を待つ千鳥ヶ淵

日本で一番有名な桜の名所のひとつ、千鳥ヶ淵。
植栽されたのは昭和30年代というから、そんなに古い歴史があるわけではない。
ソメイヨシノの寿命は50年くらいと聞いたことがあるが、そのせいか、衰弱した個体が目立つようになってきた。

桜を待つ千鳥ヶ淵
池に向かって横に伸びる枝は、構図としては美しいが、桜にとっては負担なんだろう。

2018年2月27日 (火)

ついに『ジャパンライフ』が

ジャパンライフ

こんなの張られてしまうんだな。

続きを読む "ついに『ジャパンライフ』が" »

2018年2月19日 (月)

下北沢が変わる!

Dsc_1323800x450

用事があって下北沢に出かけた。実に10年ぶりくらいのことだ。

下北沢、世田谷代田、東北沢の各駅の工事が行われているようで、駅前は大きな変化の時を迎えている。下北沢の駅もずいぶん様子が変わっている。

下北沢はブランド力があるものの、空洞化や計画性の欠如から住民や利用者にとっての好感度が伸び悩んでいる。世田谷で一番子どもが少ないエリアでもあるそうだ。これからの開発でそうした地域の悩みが解決できたら良いな、と思う。

2018年2月17日 (土)

日本武道館の南側、工事中

Dsc_1320800x450

九段下の北の丸公園にある日本武道館。

この南側のエリアで工事が行われている。何の工事かは知らないが、結構な規模だ。

続きを読む "日本武道館の南側、工事中" »

2018年2月16日 (金)

今、水道橋のカレーが熱い!!

Dsc_1315800x450

カレーの聖地と名高いのは神保町だが、ここ数年、その隣町の水道橋でカレー屋の新展開がめざましい。以前からある店舗を加えると、見逃すことのできないお店がいっぱいだ。

東口でいえば、シンガポールカレーの「海南鶏飯」、欧風カレーなら「フランス亭」、絶対的なうまさの「日乃屋カレー」、根強い人気の「YAMITSUKIカリー」などはチェーン店とはいえ外せないし、インドカレー系のお店はかなり多い。「クレオール」のグリーンカレーは感動のおいしさだし、「まんてん」は神保町という話もあるが、庶民カレーの大様として、ぜひここに加えたい。 西口では、ゴーゴーカレー、CoCo壱番屋、上等カレーなどの日本風カレーに加え、インドカレーのSAPANA、タイカレーのバンセーンなど実力者が軒を並べる。そこへ来て、年末から「カレーは飲み物。」と金沢カレーの勇者「カレーの市民アルバ」が殴り込みとも言うべき参入を果たすという、まさに混沌とした状態。果たして5年後に何件が生き残れるのだろうか。 今、水道橋のカレーから目が離せない。

写真は「カレーの市民アルバ」。以前、金沢で本店に行ったのを思い出して懐かしくなった。

より以前の記事一覧